事務所プロフィール 弁護士 活動分野 連絡

 

活動分野

 

 

 

 

会社設立法

 

査証法

 

労働法

 

税制法

 

契約法

 

国際公法

労働法

 

ブラジルは「裁判の労働裁判の国」と言われているため労務管理は企業にとって重要な経営戦略の一部である。労働法違反による裁判や労働省の罰金等の経済的コストは会社に大きなダメージを与える可能性があるため、当FATOR法律事務所は企業の特質に基づいた労務管理法を提案し、人事関連書類作成作業から、必要な場合には労働省での行政手続き、抗弁や労働裁判での弁護士活動を手がける。

 

以下はブラジルでの労働裁判件数の推移

 

労働支部
(第1審)

地方労働裁判所
(第2審)

労働高等裁判所
(第3審)

2005

173万9,242

54万4,828

9万2,897

2010

260万8,870

56万180

16万9,818

*情報源: CNJ-国家司法審議会サイト、2010年統計


 
Av. Paulista, 2.073, 17º andar | Horsa II - Conjunto 1.702
Fone: (11) 3373-7487 | CEP 01.311-300
São Paulo - SP
fatortributaria@uol.com.br